有機・無農薬野菜たっぷりの料理と器   ** オークルマルシェ **

自然循環、安心安全な食材のことを考えて。野菜や発酵食品を多く使って 簡単ですが体がよろこぶ多国籍な創作料理を作っています。『食』で病気を予防し、健康でいられるように頑張っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山へ行く。

DSC_7748-1.jpg

筍掘りだぞ!!
さぁ~て。見つかるかな。

*************************************

★オークルマルシェ online shop
料理と愉しむ器たち ~骨董・アンティーク~

DSC_4285-2.jpg

★第3弾 
表紙仮(2)
完成しました
再入荷しました。(完売いたしました。たくさんのご注文ありがとうございました。)









前日の雨も止み 山へ。


DSC_7744-1.jpg



テレビなんかでやっている 観光用たけのこ掘りをイメージしていた夫。
斜面を登っていくだけでも大変なのです。
カメラマンの私も、カメラを落とさないように 汚さないように必死!!



DSC_7749-2.jpgDSC_7760-2.jpg
DSC_7762-2.jpgDSC_7764-2.jpg

子供の頃から竹の子を掘っていた父は さすがっ。
斜面をどんどん登っていくし 竹の子を見つけるのも 「さすが!!」です。

DSC_7767-1.jpg

DSC_7772-1.jpg

なかなか竹の子がみつからないんですよね。
先に掘られてしまってるというのもあるのですが。


そこ掘れワンワンっ!!

DSC_7781-1.jpg

掘ったど~!!

DSC_7782-1.jpg


今日の収穫。今年は出が悪いようで 数が少ないです。
毎年GWの前ぐらいになるとたくさん出るらしい。

DSC_7787-1.jpg

今日はこのぐらいにして 「帰るど~」

DSC_7794-1.jpg


家に帰ったらすぐに茹でます。
普通、下の方に包丁で切れ目をいれて 皮はそのままで茹でると言いますが
実家では剥いて茹でます。


DSC_7802-1.jpg

DSC_7809-1.jpg

昔、父が子供の頃 竹の子のこの剥いた皮の毛を包丁で除いて
梅干の中の赤い紫蘇を巻いてしゃぶって おやつ代わりにしていたそう。
食べるものがほんと なかったんですね。
説明だけでは全然イメージがわかなくて 父が再現してくれました。

DSC_7832-1.jpg


こうやって 細かい毛をとって

DSC_7836-1.jpg

紫蘇を巻いて しゃぶる・・・
ってこんなのしゃぶるの??? って何度も聞き返してしまいました。
本当に食べるものがなかったんだ・・・
今はお菓子やら食べるものが溢れているからね なんだか考えさせられます。

DSC_7839-1_20110417093255.jpg


そうこうしているうちに 筍を茹でている鍋が沸騰していい香りがしてきました。
ん~ 糠と筍の匂い。

DSC_7841-1.jpg

DSC_7846-1.jpg


そのまま冷まして 夜は天ぷらです!!
そして、父は蕎麦を打ちます。今日は他の人に上げる分も含めて10人前打ってました。

DSC_7868-2.jpgDSC_7869-2.jpg
DSC_7870-2.jpgDSC_7863-2.jpg

DSC_7871-1_20110417093949.jpg

本当に父は器用なんですよ。
蕎麦打ちの道具も色々なものが手作りで、この包丁みたいなものも手作り。

DSC_7874-2.jpgDSC_7875-2.jpg
DSC_7877-2.jpgDSC_7879-2.jpg

夕食。手打ち蕎麦に 桜海老、筍の天ぷら。
筍がねぇ、これがおいしいのなんのって!!
筍が香ばしいのです。うまく説明できませんが、掘り立て、茹でたての味。

DSC_7907-1.jpg

自然の恵み。
美味しいものを食べると 幸せな気持ちに。


関連記事
スポンサーサイト

| 静岡の実家にて | 09:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT