料理と器   ** オークルマルシェ **

自然循環 安全な食材のこと・大好きな器のこと・更年期&健康&雑貨情報・気になるニュースなど。料理は 野菜や発酵食品を多く使って 簡単ですが体がよろこぶ『胃心地のよい』ものを作っています。『食』で病気を予防し、健康でいられるように頑張っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もやしの酒粕マーボー

DSC_4780-1.jpg

シャキシャキもやしが美味しいマーボーもやし。
マーボーに酒粕を入れるのが我が家では
普通になってしまいました。

*************************************

骨董・アンティークのweb shop
無題---










もやしの酒粕マーボー
(2~3人分)
・もやし…1袋 200g
・小松菜…3株ぐらい  緑の野菜はお好みで
・豚挽肉…100g
・酒粕…50g
・味噌…大1
・醤油…大1と1/2
・豆板醤…大1/2
・ニンニクのみじん切り…1片
・生姜のみじん切り…1かけ
・白ネギのみじん切り…5cm分ぐらい
・水…180~200cc
・コショウ…少々
・水溶き片栗粉…片栗粉 大1+水 大1



1.フライパンにオイルを入れて、ニンニク、生姜、白ネギを炒め香りがしてきたら 
  挽肉、豆板醤、小さくちぎった酒粕を加えて炒める。
2.肉の色が変わったら、もやし、小松菜の茎を加えて軽く炒め、
醤油、味噌、水を加えて1~2分煮立て全体をなじませる。
3.小松菜の葉を加え、ざっと全体を混ぜたら 水溶き片栗粉でとろみをつけ
コショウを入れて出来上がり。


写真は見た目 イマイチですが
味は旨いッス。





+++++






DSC_5722-1.jpg



先日、ついに “自分の”糠みそデビューしました。
まだこれから糠床を育てていい味にしていくわけですが、
目標はやっぱり おばあちゃんや母の糠みその味。
子供のころ、糠の中に手をつっこんで 糠床の表面を
ピタピタとならして、 そのあと手についた
糠の匂いをかぐのが大好きだった糠味噌少女(笑)でした。
(写真:糠床の容器を お風呂場の涼しいところに置いてます。)



DSC_5610-1.jpg



あと、数日早いけど
味噌の天地返しをやったり。
味噌、いい香りよ~。
よーく見ると白い謎の物体、何か結晶のようなものが表面の
ところどころにあって
「こっ これはっ  一体? まさか カビ?」
そんな馬鹿な・・・
一瞬ショックで目の前がクラクラしたのですが
(味噌作りをしていれば カビぐらい普通なんでしょうけど)
調べたら 正体は
“チロシン”というもの(筍にもありますよね)で、アミノ酸の一種。
“じっくり熟成される天然醸造の味噌にみられる特徴”なんですって!!
&おいしい味噌の証拠なんだって。
楽しみ~。
(写真:天地返し後の状態。チロシンは映っていません。)





関連記事
スポンサーサイト

| (料理日記(和・アジア)) | 15:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

楽しみですね~!
またまた、お風呂の前に置いてあるのも
雰囲気があっていいですね。

何度も何度も見に行きたくなるような
楽しさがきっとあるんだろうな!!

| sukemarumon | 2012/05/29 21:36 | URL |

Re: タイトルなし

sukemarumonさんへ
そうなの!!すごく楽しみなのと同時に
うまくいくかなぁと心配。

お風呂場の写真。
生活感ありありだけどね~。(笑)


> 何度も何度も見に行きたくなるような
> 楽しさがきっとあるんだろうな!!
そうそう!!毎日かきまぜて
早く発酵して~って話しかけてるよ。

| マルシェ | 2012/05/30 04:33 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT