料理と器   ** オークルマルシェ **

自然循環 安全な食材のこと・大好きな器のこと・更年期&健康&雑貨情報・気になるニュースなど。料理は 野菜や発酵食品を多く使って 簡単ですが体がよろこぶ『胃心地のよい』ものを作っています。『食』で病気を予防し、健康でいられるように頑張っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お久しぶりですね。 (2014.12.26)

DSC_1907-1.jpg

*************************************

骨董・アンティークのweb shop
無題---












カマンベールチーズのフライとジャムの組み合わせ。
ありきたり、ではあるのだけれど
カマンベールが苦手、そのままでは食べられない私は
パン粉のサクサクと柑橘の甘酸っぱさ、
金柑ジャムの場合はほろ苦さも加わって 美味しく食べられます。
カマンベール臭さを消すのに、ほろ苦いのが良いのです。

ジャムは下茹でなしでお手軽に作ります。
ただし、苦みの少ない美味しい金柑の場合、ですが。
ちょっと隠し味(になっているかわかりませんが、香りがよくなっているような?
気がするような・・・?)にあるものを入れるのが私流。


小学生の頃は 新年に浜松の曾祖母の家にも泊まりがけで出掛けていました。
曾祖母や周りの大人、歳の離れたお姉さんたちも皆優しく
ちょっと浜松弁?イントネーションが違う感じが心地よく
あと、気ままな猫もいて一日中楽しかったです。
今思えば 台所を任されていたお嫁さん(おばさん)は
大変だっただろうなぁと思うし
後から聞いた話では、嫁姑の関係も・・・・だったとか。
昔の家だったから、2階への階段が急だったのにビックリしたり
2階のだだっぴろく寒い客間で
羽毛布団じゃなかったから、綿の掛け布団を何枚も重ねて
布団重い・・・寒い・・・と思いながら寝たなぁとか。
楽しすぎて、帰る日車に乗ると「帰りたくない」といつも泣いていました。

その浜松の家にあった金柑の木。
ちょうど行く頃小さな実をたくさんつけていて
毎年採って食べるのですが 甘いのだけれど皮が苦くて苦くて。
金柑を見ると(食べると)その時の苦みの記憶と共に
もう戻ることの出来ないあの時を無性に懐かしく想うのです。




DSC_1730-1.jpg

おなじみの白菜と豚肉の重ね蒸し。
これもちょっと工夫して
変わってるんだけど美味しい、っていう味に。
(スープの素は入れないで下さいね。
素材のみで美味しい味ですから。)



DSC_1331-2.jpg DSC_1556-2.jpg
DSC_1481-2.jpg

季節の物、体があったまる煮込みやグリルなど
地味にやってます。

関連記事
スポンサーサイト

| (料理日記(洋・中近東・アフリカ)) | 12:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT