有機・無農薬野菜たっぷりの料理と器   ** オークルマルシェ **

自然循環、安心安全な食材のことを考えて。野菜や発酵食品を多く使って 簡単ですが体がよろこぶ多国籍な創作料理を作っています。『食』で病気を予防し、健康でいられるように頑張っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

安曇野・大王わさび農場 & 高山散策 (2015.8.22)

DSC_8864-1.jpg

*************************************

★オークルマルシェ online shop
料理と愉しむ器たち ~骨董・アンティーク~

DSC_4285-2.jpg

★第3弾 
表紙仮(2)
完成しました
再入荷しました。(完売いたしました。たくさんのご注文ありがとうございました。)











DSC_8857-1.jpg
DSC_8859-1_20150823235050008.jpg


朝3時起き 4時出発で出掛けて来ました。
首都高は割合空いていてスイスイ。
途中やっぱり私は眠ってしまって気がついたら 諏訪の休憩所。


それからまたもう暫く走って無事安曇野へ。
まずは大王わさび農場。
8時30分ぐらいに到着。まだ人が少なくていいですね。


DSC_8870-1_20150823235050222.jpg
DSC_8873-1.jpg
DSC_8883-1.jpg
DSC_8888-1-1.jpg


トンボが飛んでいました。
絶滅危惧種の「アオハダトンボ」というのがいるようですが
これは、よく似た「ハグロトンボ」かな?

DSC_8890-1-1.jpg
DSC_8905-1_2015082323531953b.jpg
DSC_8907-1.jpg
DSC_8908-1.jpg



滾々と水が沸く わさび田。
わさび農場なので 見ての通り、わさびが植わっている、というそういう場所です。
なので、写真もあまり面白くないかもしれません。

子供の頃の家族旅行で一度来たことがあったのですが
そのころも「わさび、ふーん」というかんじで
わさびソフトを食べたら美味しかったなぁというそういう記憶だけです。


ですが、
このわさび農場の開拓の歴史を知ったり、当時の写真を見たら
すごくロマンを感じます。
大正時代のことです。
当時は、大型重機なんてないでしょうから本当に大変な事だったと思います。



★北アルプスの雪解け水が地中にしみ込み
その後伏流水として6カ月から長い物では12~13年かけて
扇状地であるこのわさび田内に沸き出した真清水です。
一年を通してほぼ一定の水温(わき口の温度が13度)で
わさび田全体から毎日12万トンが湧きでています。
(農場内の看板より)


DSC_8916-1.jpg
DSC_8925-1_2015082323531613c.jpg
DSC_8946-1_20150823235729331.jpg
DSC_8966-1_20150823235729649.jpg
DSC_8978-2.jpg DSC_9005-2.jpg
DSC_8996-1.jpg




★畑の傾斜は 南から北へ5~6度。
わさびは肥料なしで、流水の養分のみで育ちます。
(農場内の看板より)




DSC_9019-1.jpg
DSC_9026-1.jpg

わさびソフトとおやき。
わさびは見た感じ結構入っているみたいなんですが
香りがもう少ししてもいいかなぁと思います。
天然ワサビだと香りが飛んじゃうのかな?

あと、話のタネにわさびワインも購入。
製造はイヅツワインです。





大王わさび農場にいく途中にある ファーマーズガーデン あかしなに立ち寄りました。
野菜や果物がた~っくさん。
無農薬野菜も少しだけあります。

あと信州らしいものが買えます。
灰焼きお焼きが買えること!!
この日は 『信州 月路』さん のお焼きが、出来たてがちょうど届いたところだったので早速お買い上げ!!
他にも 『かついえおやき店』さんのおやきも売っているようですが
この日はまだ並んでいませんでした。


DSC_9031-1.jpg
DSC_9033-1.jpg



早速車の中で。野沢菜と野菜ミックス。
ボリュームがすごい!!
生地はBPとかイーストが入っていない、粉を練ったそのまんま、だと思います。
どっしりしていますが素朴でいいかんじです。


他にはルバーブをたくさん買いました。
翌日はルバーブジャム作り。
最近になってルバームジャムの美味しさに目覚めて(今頃ですが)
外国ではルバーブを使ったお菓子が色々あるっていう、
ルバーブのお菓子を食べたいという気持ちが分かってきました。



DSC_9038-1.jpg


次は高山の古い街並みを散策です。

さて、駐車場は市営駐車場へ。(トイレはイマイチ)
30分150円 一時間300円。
こういう駐車場以外に 空いている駐車スペースを使って
一日1,000円なんていうのもあります。
長時間いるなら、こっちのほうが得だと思います!

DSC_9041-1.jpg
DSC_9046-1_20150824000536b68.jpg
DSC_9047-1_201508240005361eb.jpg
DSC_9044-2.jpg DSC_9057-2.jpg
DSC_9049-1_20150824000807a0f.jpg
DSC_9059-1.jpg
DSC_9063-1_20150824000806232.jpg
DSC_9069-2_20150824000953bbd.jpg DSC_9071-2.jpg

日本酒も試飲して お試しサイズを2本購入。



味見させて頂きました。
きな粉の素朴な味。昔はめっちゃくっちゃ大好きだったんですが
今はそれほどではなくなってしまったので・・・
でも美味しい!!

DSC_9082-1_201508240009524a0.jpg
DSC_9086-1.jpg
DSC_9089-1_201508240009507a0.jpg






まぁ、それにしても中国の方が多い!!
ヨーローッパの方の方もいらっしゃいましたけど
大阪とか金沢ナンバーでレンタカーで来ていたり
団体さんだったり。


お土産屋さんをぶらぶらのぞきながら歩くのは楽しいですね。
あと、にぎわっているところを少し外れたあたりに
骨董屋がたくさんありましたので
しっかりチェック。
ですが ケタが違うので手が出ない。
小さな色絵皿が 5,000円とかするのでねぇ・・・



夕飯をどうしようか、ということになって
せっかくなので 飛騨蕎麦と飛騨牛を食べようということになりました。
が、夕飯にはお店が開くのが17時とか18時なんですよね。
一旦どの店も 15時とか夕方で閉まってしまって 店によっては
夜はやっていません。
やっているお店を探して相当ぐるぐるまわって歩き疲れたので
「ここのお店にしよう」とお店の前の椅子に座ってしゃべっていたら
お店の方が開店時間前 まだ30分ぐらい前だったと思うのですが
お店を開けてくださいました。

本日のお店は 『手打蕎麦 みやび庵』さん。

DSC_9139-1_20150824001850384.jpg
DSC_9104-1.jpg
DSC_9105-1.jpg


注文したのは、飛騨牛焼き肉丼膳 と 蕎麦屋のだし巻たまご。
ワサビは生わさびで 夫がスリスリしてくれました。(笑)
美味しかったです!


DSC_9108-1_2015082400184923e.jpg
DSC_9111-1_20150824001848a66.jpg
DSC_9118-1_20150824001848a59.jpg
DSC_9122-1.jpg


蕎麦とお肉の両方が食べられるお店ってほんとないんですよ。
肉なら ステーキ、焼き肉、っていうかんじ。
蕎麦なら蕎麦だけ。
なので、ここのお店はすごく良かったです!!



外は薄暗くなって 観光客もすっかりいなくなって静か。
こういうのもいいですねぇ~。


DSC_9147-1.jpg
DSC_9148-1_2015082400205444b.jpg
DSC_9160-1.jpg



と、こんな感じでこの日の観光は終了!
本当は、もう一つ別の場所の古い町並を見る予定でしたが
全然時間が足りず・・・
また次回ということで。




そして、毎度のことですが 浪費しすぎたので
ご飯は粗食でいきますよ。



関連記事
スポンサーサイト

| 静岡・山梨・長野・岐阜 方面 | 12:00 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/08/24 16:38 | |

こんにちは。

おぉ、結構ハードな旅でしたね~。
幼いころに家族旅行で訪れた思い出をなぞるような
旅だったのでしょうか。

ワサビ農場ではきれいな川でボートに乗った記憶が
あります。ここは確かに地味な景色ですよね(笑)

飛騨高山の古い町並みも行かれたのですね。
日が暮れて観光客が減ると古い町並みの本当の良さが
見えてきますよね。

| ぴしくる | 2015/08/25 15:46 | URL |

Re: タイトルなし

ぴしくるさんへ


子供の頃の家族旅行と言うと、
旅のスタンプ帳、旅行の日までが待ち遠しくてワクワク、
車中の兄弟げんか・・・なんかも懐かしいですね~。


ワサビ農園のボート、やってましたやってました!!
気持ちよさそうだなぁ~ と思いつつ
乗りませんでしたが。


次はいつ また出掛けられるかなぁ~?


| マルシェ | 2015/08/26 09:57 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT