料理と器   ** オークルマルシェ **

自然循環 安全な食材のこと・大好きな器のこと・更年期&健康&雑貨情報・気になるニュースなど。料理は 野菜や発酵食品を多く使って 簡単ですが体がよろこぶ『胃心地のよい』ものを作っています。『食』で病気を予防し、健康でいられるように頑張っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一汁三菜ごはん ◆蕗の味噌汁、豚肉のジンジャーレモン焼き 新玉ねぎと春キャベツのクミン炒め添え、プチヴェールと新じゃがのえごまあえ、紅苔菜のおひたし

DSC_0643-1_20160307102851d0a.jpg

*************************************

骨董・アンティークのweb shop
無題---












●蕗の味噌汁
たぶんサービス品だと思うのですが、葉の部分がないものが
結構たくさん入った一袋。葉はあんまり使わないので、こっちのほうが嬉しいです。

よく洗ったら 鍋で下茹で。
私はルクルーゼの大きな鍋に湯を沸かし(蕗が浸る程度) 蕗を投入して 再度沸いたら
火を止め蓋をして放置。
様子をみて良さそうなら 大皿に出して冷ます。
(水にさらすと香りも流れてしまいそうなので)

DSC_0606-1.jpg

(蕗の下処理といえば、「塩で板ずり」を行うと言われていますが
我が家ではやりません。)



この下茹で汁は捨てません。(できたら一度こす)
これで出汁をとります。
なぜかというと、(季節のたびに書いていたと思うのですが)
蕗が花粉症にいいと昔テレビでやっていたから。
蕗農家さんは花粉症が少ないとかで・・・。
蕗にふくまれる「フキノール酸」が
アレルギー反応によって血液中に大量に出来るヒスタミンを抑制する働きをするらしい。
フキノール酸は水溶性なので、「茹でる場合は煮汁も摂取する」これがポイント。
というわけで、毎年「あっ そうだそうだ 蕗汁 蕗汁~」って感じで
茹で汁を味噌汁で飲んでいます。



※山菜(アクのあるもの)って 「防御物質」→草食動物から身を守るために、
刺激のある物質や栄養の吸収を妨げる物質を含むのですが
蕗はどのぐらい含むのかわかりません。
又、一年でこの季節だけなので、別にアクを飲んだって大丈夫でしょうって思っています。






●豚肉のジンジャーレモン焼き 新玉ねぎと春キャベツのクミン炒め添え
シンプルに塩コショウ、おろししょうが、レモン汁をぎゅ~っとたっぷり
(生姜焼き用薄切り3~4切れに対して 大1強ぐらい)しぼって。
さっぱりして美味しいです。







DSC_0633-1.jpg

●プチヴェールと新じゃがのえごまあえ
プチヴェール(蒸す、レンジでチン)、新じゃが(スライスし、さっとゆでるかレンジでチン)
えごま、白ごま、米飴、醤油、出汁。




DSC_0641-1_201603071028504e2.jpg

●紅苔菜のナムル
紅苔菜(蒸す、レンジでチン)、ほうろく菜種あぶら、醤油





DSC_0614-1.jpg

DSC_0653-1.jpg

花粉症で鼻がだめになっていて味があんまりわかりませんーーー。
先日、ついに鼻洗浄(鼻うがい)デビューしました。
塩をとかしたぬるま湯で行います。
多くの人が、鼻からすったらツーンとするんじゃ?って思うと思うのですが
塩を入れることでツーンとしないのですよっ! これが!
まだ上手にできないので、鼻からすって鼻から出てしまうのが多いのですが
うまく出来ない状態でも かなりすっきりしました。
(正しく行わないと水がへんな方に入って炎症を起こすこともあるらしいので注意です。)


関連記事
スポンサーサイト

| (料理日記(和・アジア)) | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT