料理と器   ** オークルマルシェ **

自然循環 安全な食材のこと・大好きな器のこと・更年期&健康&雑貨情報・気になるニュースなど。料理は 野菜や発酵食品を多く使って 簡単ですが体がよろこぶ『胃心地のよい』ものを作っています。『食』で病気を予防し、健康でいられるように頑張っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一汁五菜ごはん◆人参とヤーコンのフライ、大根と手羽のしみしみ煮物、牛蒡と蒟蒻のくるみえごまあえ、もやしの塩麹ナムル、カリフラワーとチーマディラーパのインド風炒め物

DSC_1157-1.jpg

*************************************

骨董・アンティークのweb shop
無題---












年末のこの時期
我が家の掃除機が壊れました。

でも、大丈夫!!
予備があるのです。
掃除機とドライアーはこういうときのために 予備があるのです。
この二つはないと困る!ので。
でも、この掃除機 買い替えってことはなくて
たぶんまた修理に出すと思うのだけど。
たぶん4,5回は修理して使っています。
なんだかんだで 保証でいけたりして 買うより安いので。
今回はどうだろう・・・。



それから久しぶりに夫が首こりで吐き気。
私のめまいもそうですが、なっちゃったら
どうすることも出来ないので 大変なのです。
ふらふらになって会社から帰ってきて
よく途中で倒れて救急車で運ばれなかったなぁと。
座薬と吐き気止め 上から下から薬を入れても
2時間ぐらい トイレに駆け込んだり
バタバタ音立てながら 苦しんでいました。
といわけで、本日の写真のご飯は 夫は食べられませんっ!!
久しぶりにおかず多めなんだけど・・・。
(夫の病人食、回復食はのちほど)

DSC_1182-1_20161227112544868.jpg





●牛蒡と蒟蒻のくるみえごまあえ
牛蒡と蒟蒻は先に煮ておく。
出汁、塩麹、塩、醤油、みりん。味をみながら。


あえ衣は「くるみえごま」。
くるみ、えごま、ごまを空煎りして摺って
和えます。味を見て みりん、醤油など必要なら少し追加。




DSC_1138-1_20161227112213a03.jpg

●もやしのナムル
もやしは水から鍋に入れ
沸騰したら2分ぐらいでゆでこぼし(もやし臭さをとる)
また鍋に戻します。
菜種油、塩麹、塩で炒めて 最後に白ネギの青い部分を少し加えて
出来上がり。


夫の病人食にも。
一人鍋。
白菜、豆腐、もやしのナムル。
出汁、塩麹、、塩。
白菜はくたくたに煮て。甘くて美味しい。

DSC_1283-1.jpg






DSC_1171-1.jpg

●人参とヤーコンのフライ
人参とヤーコンは先に蒸すかチンして火をある程度通しておきます。
この日は夫のリクエストで豆乳タルタルを添えていますが
そのままで美味しいです。





DSC_1131-1_20161227112212913.jpg

●カリフラワーとチーマディラーパのインド風炒め物
カリフラワー、チーマディラーパ(+他の青菜も少し入っています)、
鶏ムネ(塩麹、塩、などでマリネしてあったもの)
玉葱少し、白ネギ、
ニンニク、生姜、スパイス(クミン、マスタードシード、コリアンダー、ターメリック、など)
塩、みりん、ナンプラー、醤油

オイルでホールスパイスを炒めたら(マスタードははじけてきたら)
ニンニク、生姜を加え 更に玉葱、白ネギを加えて炒める。

パウダースパイスを加えて炒める。

水をひたひたに加えたら、野菜も加え蒸し煮にする。
野菜がしんなりしてきたら(チーマディラーパとカリフラワーは
柔らかいのが合っていると思うので)
小さく切った鶏を加えて固くならないように煮る。

最後に味付け。





DSC_1178-1.jpg



今年もテンション低めなブログにご訪問くださり
ありがとうございました。
料理の説明少なく 
日々の話題もこれといってなく 
料理写真を記録している 淡々としたブログです。
昔はいろいろなブロガーさんのところに訪問して
コメント残して、とやっていましたが
私の性格上、みなさんのテンションについていくことが出来ず脱落。
それからは 細々と 地味に 孤独に?
更新しているブログですが
たくさんの方にご訪問いただきありがとうございました。


今年はやっと レシピ付き写真集Vol.3を完成させることができ
たくさんの方に手にとって頂き 本当に感謝しております。
また、たくさんの温かいご感想もお寄せいただき
大げさですが 生きててよかった~と思えました。

次のVol.4に向けて 日々ゆっくりマイペースに進んでいます。
リクエスト頂いた 「我が家のcurry」も入れることが出来たら・・・。


関連記事
スポンサーサイト

| (料理日記(和・アジア)) | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT