料理と器   ** オークルマルシェ **

自然循環 安全な食材のこと・大好きな器のこと・更年期&健康&雑貨情報・気になるニュースなど。料理は 野菜や発酵食品を多く使って 簡単ですが体がよろこぶ『胃心地のよい』ものを作っています。『食』で病気を予防し、健康でいられるように頑張っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花粉皮膚炎 と 花粉症用目薬  & 本日の一汁○菜ごはん  空豆としらすの卵とじ 他

DSC_7237-1.jpg

*************************************

骨董・アンティークのweb shop
無題---














最近 目がかゆくて 
どうやら これって花粉症なんじゃないのか、と疑っていたのですが


普通花粉症の方の目のかゆみって
かゆくて 目ん玉を取り出したいぐらい、とか言いますよねぇ?


私の場合 そういうかゆみでは 全然なくて
目頭のあたり 涙点、 涙丘 がものすごくかゆくて
あと、まつ毛の根元とか。



ついつい掻いてしまって
そのうち目の周りとかもかゆくなって ごしごし掻いてしまうんです。
そして ナゼだか涙が自然に流れてくるので
涙を拭いて 摺れて ヒリヒリしているところに
そこにまた涙が出てきて ヒリヒリ。



そしたら、先日 突然 
いつもの化粧品(濃いビタミンCの美容液)が


「うぉ~ しみる~ ナンダコレ~ (悲鳴)」


そして次の日 朝起きたら
やっぱりヒリヒリする~ と鏡をみたら


「ぎゃぁーーーー!! 真っ赤に腫れてるーーー!!」



やけどのように赤くなってしまいました~涙

どうやら花粉皮膚炎みたいです。

こちらのサイトから。

『春は1年の中でも花粉の飛散種・飛散量が多い時期。
その花粉が原因で身体がアレルギー反応を起こすことにより、
目をこすったり鼻を一日中かんだりというような摩擦行為をしてしまい、
「花粉皮膚炎」になります。
特に春は、気候や温度変化が大きいので乾燥しがち。
また、3月頃からは紫外線量も増加してくるため、お肌への負担が大きくなります。
つまりは、皮膚のバリア機能が低下しやすく、「花粉皮膚炎」を一層引き起こしやすい時期と言えます。
症状としては、顔全体がかゆい、顔が腫れぼったい、肌が乾燥して粉っぽくなるなどで、
「花粉皮膚炎」は深刻な肌トラブルとなっています。』



化粧水はいつものやつで
クリームを 敏感肌用のクリーム(顔からだ用)にして
(持っててよかった~)





かぶれ、ただれ などにもよいと書いてあったので
コレも飲んで(口の中をよく噛むので これも常備しています
コレ飲むとすぐ治ります。)





1,2日で良くなって
しばらく カサカサ しわしわしていましたが
1週間で治りました。



そこで 気になっていた目のかゆみ
目のアレルギー用の目薬を買ってみました。


DSC_7148-1.jpg



こちら、 『マイティア アレルギー専用眼科薬』




ネットだと1,000円ぐらい。

私は普通に薬局で買ったので 1,500円ぐらい。

ちなみに、この目薬もセルフメディケーション対象です。




そして、点眼した結果

かゆみがぴたっと治まりました!!

うおっ!!

面白い!!

そして 

嬉しい!!

これで、掻かなくてすむ!!


重症の方にはもうちょっと強い目薬がいいのかもしれませんが
私はこれにして正解でした。




さて、本日の旬ごはん。
葉っぱのメニューがありませんが

いろんな菜花を食べています。

たかとう菜、ケール、高菜 などなど。

高菜の菜花は 菜花だけど しっかり高菜!!
パンチのある味、香り。
苦!! 辛!! なんです。
春のゴーヤ?ってぐらいパンチがあって。
なので、もっぱら炒め物。




さてさて 話は戻って  本日はこちら。

DSC_7245-1_20170329101038d7c.jpg


●小豆の玄米ご飯
●わかめの味噌汁




DSC_7248-1.jpg

●空豆としらすの卵とじ
空豆、釜揚げしらす、卵、今だったら新玉葱も。
出汁、醤油、みりん、砂糖、塩 (めんつゆの素でも)





DSC_7217-1.jpg

●ほたる烏賊とネギの酢味噌あえ
作っておいてなんですが、私はほたる烏賊が苦手なので
(生臭くて・・・)主に夫用。私はネギを拾って食べます。




DSC_7251--1.jpg

●うどのきんぴら
今日はちょっと濃くなってしまいましたが
ご飯にはよく合います。




●うどと金柑の酢の物

●肉じゃがみたいな煮物




アゴも治って 普通に食べられるようになりました。








関連記事
スポンサーサイト

| ■健康・ヘルスケア・医療・暮らし | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT