有機・無農薬野菜たっぷりの料理と器   ** オークルマルシェ **

自然循環、安心安全な食材のことを考えて。野菜や発酵食品を多く使って 簡単ですが体がよろこぶ多国籍な創作料理を作っています。『食』で病気を予防し、健康でいられるように頑張っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鰆(さわら)のハーブ香る トマトソース煮 & あともう一品!! の “お助けメニュー” 新じゃがとアンチョビの炒め物

DSC_1434.jpg



鰆ってステキな漢字。
それから、鰆はとっても栄養価の高い魚なんですよ~。

春よ来い!!って気持ちで、鰆を使ったお料理の紹介です。
今回トマトソースに絡めました。
鰆がとってもふんわりやわらかい身でおいしい!!



<鰆(さわら)のハーブ香るトマトソース煮>2~3人分

・さわら・・・2切れ
       大きさを半分にします。(そのままでも。お好み)

・白ワイン(さわらの臭み取り用)・・・適量
・塩コショウ・・・適量
・小麦粉・・・適量
・オリーブオイル・・・適量


【トマトソース】
・玉葱のみじん切り・・・1/2個分
・ニンニクのみじん切り・・・1/2~1片分
・トマト水煮缶・・・1缶
・塩コショウ・・・少々
・てんさい糖・・・小さじ1 トマトが酸っぱかったら
・ドライハーブ・・・適量
          オレガノ、バジルなど お好みのハーブで

・ブラックオリーブ・・・適量 あれば


【作り方】
①さわらを半分の大きさにして(お好みのサイズで)、白ワインを振っておきます。
 その他の材料を用意します。

②さわらの水気をふいて、塩コショウして小麦粉をまぶして
 オリーブオイルを入れたフライパンで全体をソテーし、お皿に取っておきます。
 (冷めないように、蓋をして)

③一旦、フライパンをきれいにして、新たにオリーブオイルを少々いれて、
 玉葱とニンニクを炒めます。

④トマトの水煮を崩しながら入れて、煮立ったら
 塩コショウ、砂糖(トマトが酸っぱかったら)、ハーブで味付けし、ブラックオリーブと②の魚を入れます。

⑤魚が温まったら出来上がり。


DSC_1436.jpg
鰆の身がふっくらやわらか♪
おいしぃ~

◆アレンジ◆
・魚は、サバ、鯵、イワシなどでもOK





それから、じゃがいも好きなワタクシ達2人の「あともう一品!!」って時に
登場するスピードクッキングレシピです。

DSC_1421.jpg



<お助けレシピ★ジャガイモとアンチョビ炒め>

・ジャガイモ・・・小4個
         表面をきれいに洗って、千切りにして(スライサーでも)
         水にさらします。

・アンチョビ・・・2匹分
・ニンニクのみじん切り・・・1/2~1片分
・粉チーズ(パルミジャーノなど)・・・適量
・パセリのみじん切り・・・適量


①フライパンにアンチョビを入れて、(アンチョビについているオイルを使いますが
 足りなければ、適宜足して下さい。)
 崩しながら香ばしく炒めます。

②ニンニクを加えます。
③じゃがいもを加えたら、強火で炒め、コショウをします。
④粉チーズをかけたら、火を止めます。
⑤お皿に盛って、パセリをふって出来上がり。


DSC_1432.jpg
やっぱりおいしい~♪

◆ポイント&アレンジ◆
・アンチョビを炒めるとき、香ばしく焼きます。
・ジャガイモを加えたら強火で短時間で。シャキシャキ感を残します。

・醤油ほんの少々で香り付けして、青ネギをちらしてもおいしいですよ。
・耐熱皿に入れて、生クリームをいれてオーブンで焼けば、簡単でと~ってもおいしいグラタンに変身!!
・アンチョビがなくても、こんな風に北京風にも。(こちら。)





関連記事
スポンサーサイト

*************************************

★オークルマルシェ online shop
料理と愉しむ器たち ~骨董・アンティーク~

DSC_4285-2.jpg

★第3弾 
表紙仮(2)
完成しました
再入荷しました。(完売いたしました。たくさんのご注文ありがとうございました。)







| (料理日記(洋・中近東・アフリカ)) | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ocremarche.blog37.fc2.com/tb.php/551-5d729cdc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT