料理と器   ** オークルマルシェ **

自然循環 安全な食材のこと・大好きな器のこと・更年期&健康&雑貨情報・気になるニュースなど。料理は 野菜や発酵食品を多く使って 簡単ですが体がよろこぶ『胃心地のよい』ものを作っています。『食』で病気を予防し、健康でいられるように頑張っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マカロニとジャガイモの “ アルペン・マカロニ風 ”

DSC_1920.jpg



H22.3月。年度末。
ファイリングなんかもそろそろ新しいものを準備しなくちゃいけないな、と
今使っている ある1冊のファイルのラベルをみたら

『H20.4 ~ H21.3』

1年間使っていて全然気付かなかった・・・
年号を書き間違えてるじゃん・・・

そういえば、

今、平成何年だっけ?
今、2000何年だっけ?

ってしょっちゅう聞いてる。
聞く人がいないと、パソコンの端の『日付と時刻』のところを見ないと
何年だったかわからなくなっちゃう・・・

これって、かなりヤバイですか?



ところで、
先日、ワタクシのお気に入りテレビ番組で、
タレントのベッキーさんが、リヒテンシュタインで『キーセシュピッツェレ』
というものを食べているのを見て
「これ食べたい~!!」ってずっと思っていて。
たぶん、 スイスの山岳地方の料理『アルペンマカロニ』の事だと思います。
人が食べているのを見ると、すぐに食べたくなっちゃうんだよな~。


ただのチーズクリームパスタっぽいところに、フライドオニオンを乗せるのが
アルペンマカロニ風。本場では、林檎をすり下ろした甘いソースを添えるらしい
のですが、今回はこれは省略。
それから、緑にいんげんを加えたり、レモン汁を少々加えてさっぱり感を出してみたり
適当に*マルシェ*流にアレンジしてます。

チーズは、スイスのエメンタールとかがいいかも・・・
ですが、今回はパルミジャーノ・レッジャーノとエダムチーズを使って。


DSC_1918.jpg



<マカロニとジャガイモの “ アルペンマカロニ風 ”>3~4人分

~材料~
・マカロニ(ショートパスタ)・・・100g
・ジャガイモ・・・小1個 70gくらい 
         レンジでチンして、パスタと同じ位の大きさにカット

・いんげん・・・70gくらい 下茹でして、パスタと同じ位の大きさにカット
        菜の花、アスパラなどお好みで。

・玉葱スライス・・・中ぐらいの大きさ 1/3個分くらい
          スライスした玉葱は小麦粉をまぶして、フライドオニオンにします。

・小麦粉・・・適量
・ニンニクのみじん切り・・・少々 なくてOK
・コショウ

【ソース】
・白ワイン・・・大さじ3
・純正生クリーム(脂肪分35%)・・・200cc
・チーズ・・・100g 細かくカット
・レモン汁・・・1/2個分 仕上げに 



~作り方~
①材料をカットして、野菜は下準備します。
②フライドオニオンを作ります。
 フライパンにオリーブオイルを入れて、始めはあまり動かさないように
 強めの火で炒め揚げにします。
 DSC_1913.jpg
 出来たら、ペーパーの上に置いておきます。

③マカロニ(パスタ)を茹でます。
④フライパンに生クリーム、チーズ、白ワインを入れてチーズが溶けるまで
 静かにフツフツするかんじで火にかけます。
⑤チーズが溶けたら、パスタ、ジャガイモ、いんげんを入れて和えて
 コショウをし、レモン汁を入れます。
⑥お皿に盛って、フライドオニオンをかけます。


~アドバイス~
生クリームだとちょっと・・・という方は、ベシャメルソース(ホワイトソース)に
代えればいいですよ。


DSC_1924.jpg



レモン汁を入れて大正解!!
おいしぃ~!!
あとひくぅ~!!
昔は、こういうのガッツリ食べても平気だったけど
アラフォーのワタクシ達は食べ過ぎないように注意しないとっ!!です。
あとから胃がもたれるので。





関連記事
スポンサーサイト

*************************************

骨董・アンティークのweb shop
無題---








| (料理日記(洋・中近東・アフリカ)) | 21:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/31 19:04 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ocremarche.blog37.fc2.com/tb.php/576-368926b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT