料理と器   ** オークルマルシェ **

自然循環 安全な食材のこと・大好きな器のこと・更年期&健康&雑貨情報・気になるニュースなど。料理は 野菜や発酵食品を多く使って 簡単ですが体がよろこぶ『胃心地のよい』ものを作っています。『食』で病気を予防し、健康でいられるように頑張っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

故郷の味 ☆ 美味しすぎます 静岡おでん

DSC_8997.jpg



おでんの日は、午前中から準備します。
冬。静岡の各家庭では、きっとみんなこんな風に、ストーブの上に乗せて。
家中おでんの匂いでいっぱい。
その日の夕飯が楽しみで楽しみで・・・。



*************************************

骨董・アンティークのweb shop
無題---

instagram : https://www.instagram.com/ocremarche/






具は基本的になんでもOK。
でも、ポイントは、下のレシピの★印の材料。
牛すじ、モツ、黒はんぺん。
そして、味付けは、酒、砂糖、醤油。
この黒いつゆがポイント。
静岡のおでん屋さん(駄菓子屋さん)では、
具1つ1つが串にささっている場合が多いと思いますが
自宅で作る場合は、そんなことしなくていいですよ。
皆で鍋をつついて、
「あ~  こんなところに卵があった~!!」とか
言いながら、宝探しのように 食べて下さいね。

具に関して、夫にいつも言われるのが
「“ちくわぶ”を入れて、」って事。
夫に言われて初めて“ちくわぶ”の存在を知った私。
というか、静岡の人は知らないんじゃないでしょうか?
ちくわじゃないんですよね。
小麦粉で練った、モチモチした そんなものです。

あと、ソーセージが意外とハマりますよ。
是非お試しを!!




今回は、気合い入ってます。
前日から用意しました。
静岡では、だいたい当日の午前中から準備をする場合が
多いのですが、今日は晴れという天気予報。
もしかしたらどこかに出かけるかもしれないので
帰ってきたらすぐに食べられる状態にしておきたかったのです。

こんな風に、じっくり時間をかけて料理をするって
とっても贅沢。休みの日じゃなきゃ、無理ですから。

でも、今日、暑かったですね(笑)
もっと寒い日がよかったかな。



<静岡おでん> 26cmの鍋
★印がポイント


■煮汁■
・水・・・1500cc

・★いわし粉か、いわしとサバ節とのミックス(ダシ用粉末)・・・小さじ4くらい 
 道の駅“くりもと”でこれ、発見!!
DSC_8971.jpg


・酒・・・適当 どぼどぼっ
・砂糖・・・大さじ4
・醤油・・・大さじ5
・塩・・・少々

具を入れてないと、こんな感じの色です。でも、
全然しょっぱいってことはないです。

DSC_8969.jpg




■具■

・★牛すじ・・・400gぐらい
・★豚のモツ・・・300gぐらい

  いずれも、出来たら、3回ぐらい茹でこぼします。
  モツは、茹でたら、串にさします。


・★黒はんぺん やっぱりコレ!! なければ入れなくてもいいですし、イワシのつみれ団子でOK。
・大根・・・1/2本くらい~  3cmぐらいに切り、さっと茹でます。
・結びこんぶ・・・5個~ たくさん入れた方がおいしいです。
・糸こんにゃく(結んだもの)・・・1パック(5個)
・ソーセージ
・魚河岸
・野菜揚げ
・ジャガイモ(メークイン)・・・4個 皮をたわしでよく洗って、皮ごと入れます。
                下茹でしてから、皮をむいてもOKです。   
・茹で卵


※具はなんでもOK
揚げものは、一度さっと茹でて油を落とします。




可能なかぎり長く煮込んでください!!

DSC_8993.jpg





本当に、おいしいんです!!
静岡では、おでんの粉(いわし、サバ節のミックス)と青のりを
かけます。あと、甘い味噌のたれをつけたり。
でも、味がしっかりついているので、
そのままでもとてもおいしいです。
これが、だいたいいつも私が最初に食べるもの。
(静岡おでん、別の楽しみ方もありますよ。こちら。

DSC_9003.jpg


日本酒や焼酎が合うのはもちろんですが、
私が皆さんにご紹介したいのが、フルーティーなワインと
ほんと~によく合う!!という事です。




クックパッドにも紹介しました。
作って下さった方が、「まさしく子供のときに食べたおばあちゃんの味!涙が出るほど美味です」
とおっしゃって下さって・・・
本当にうれしかったです。


静岡おでんを食べる時は、
静岡にいた時の事、自分が育った家の事を思い出して
懐かしさでいっぱいになって、
郷愁にかられるといいますか。。。
私が歳をとったせいでしょうか?
季節のせいでしょうか?

DSC_8987.jpg



☆「南フランスラングドック地方産ワインと楽しむレシピコンテスト」参加中☆
南フランスラングドックのAOCワイン&IGPペイ・ドックワインと楽しむレシピコンテスト参加中
関連記事
スポンサーサイト

| (料理日記(和・アジア)) | 21:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

**マルシェ**さん
静岡おでんおいしそうです
我が家は昨日は餃子 昼はパスタ
今日の夜はキムチ鍋です、

和食も中華も洋食間も大好きです

コメント有り難うございます

全てにポチッと応援させていただきます、

| ryuji_s1 | 2010/10/11 22:37 | URL | ≫ EDIT

No title

**マルシェ**さん、こんばんは!

静岡おでんおいしそう♪もう、おでんの季節ですね~。
私も、おでんといえば、一番好きなもの"ちくわぶ"
なんですが、静岡にはないのですか?!
しかも、おでんにウィンナーも初めて聞きました。

私は写真を見て、日本酒飲みたくなりましたが、
ワイン+おでんも確かに合いそうですね!

| chukcha | 2010/10/11 23:32 | URL | ≫ EDIT

癒されるふるさと

こんにちは!
いつもブログを楽しみにしています。

先日、静岡へ帰省しました。
子供の頃、遠方からお客さんが来ると、必ずご案内した清水の三保の水族館。
今回の帰省で、とことことバスに乗って行ってきました。
駅前はぐっと変わりましたね。

水族館では、かわいい魚たちがたくさん観れました!
魚やヒトデとふれあいコーナーもありました。
ゆっくり観て回ることができて、結構面白かったです。

そして、目の前のレストラン。
かきあげそばがボリューム満点!お腹が一杯になりました。
さくら海老も入っていて満足~☆ 
お値段も良心的でした☆

天気が良ければ夕日とヨットを見ながら、想い出に浸るのもいいです。

マルシェさん、三保半島もおすすめですよ!

今夜は静岡おでんです。

| ありがとう | 2010/10/12 17:19 | URL |

Re:ryuji_s1さんへ

こんばんは。
なんでもおいしく食べられる。
それは本当にいいことですよね。

いつもありがとうございます。

| **マルシェ**  | 2010/10/12 19:04 | URL |

Re: chukchaさんへ

こんばんは♪

えっ!?ウィンナー入れないの?!(笑)
ちくわぶ好きは夫と一緒ですね!!

是非、ワインと一緒に、試してみて下さいね。

| **マルシェ**  | 2010/10/12 19:06 | URL |

Re: こちらこそ ありがとう。

こんばんは。
ブログ、楽しみにして下さっていると聞き
本当にうれしいです。更新の励みになります。
ありがとうございます。

三保、私も大好きで、免許取り立ての頃は
いちご街道を走って三保まで、何度もドライブしました!!
三保、ほんとうに大好きです。
でも、水族館とかは、行ったことがなくて・・・。
あっ、前静岡に帰った時に三保に行った時の写真を
アップしてあったような・・・

来月、静岡に帰省します。
とても楽しみです♪

| **マルシェ**  | 2010/10/12 19:13 | URL |

美味しそう

初めまして、主人が静岡市出身なのでそれまで静岡おでんの事知りませんでした。初めて食べたときはあまりの美味しさにびっくりしました!黒はんぺん、いいですね。ウインナーは入れた事が無いので今度作ってみます。主人はだしこをかけていますが、私は慣れてないのでかけていません。家で作る時はしのだまきと、しらやきを
いれますよ。寒くなってきたので、おでんの季節ですね。マルシェさんのレシピ、参考にします!

| はち | 2013/10/22 09:02 | URL |

Re: 美味しそう

はちさんへ


初めまして!!コメントありがとうございます。
ご主人さまが静岡なんですね。初めて食べた時に美味しさにビックリされたとは!!
うちと同じですね。具はなんでもいいんですけどね
うちの実家はウインナーが入っていましたよ。

>主人はだしこをかけていますが、私は慣れてないのでかけていません。
笑! 粉っぽい感じが慣れないんでしょうかね?!そのうち
慣れるのでチャレンジ!!うちの主人はた~っぷりかけますよ。

>家で作る時はしのだまきと、しらやきを いれますよ。
澄んだスープのおでんに しのだまきがすごく合いそうですね。
しらやきのほうは静岡おでんにも合いそう!!


そろそろおでんの季節ですよね~♪


| マルシェ | 2013/10/22 19:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ocremarche.blog37.fc2.com/tb.php/851-98dd4776

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT